関節痛私は25年ほど前に自転車で峠越えをしている時にダンプカーに巻き込まれそうになり、無理な体勢で避けて足をついた時に左膝関節を傷めました。その後も丸一日自転車を木々続けて、左右の膝関節を傷めてしまいました。

帰宅後に温熱療法をしている整骨院に通院し、足を引きずらずに歩けるまでに回復しました。骨折はなく、軟骨の異常しかないと自覚していたので病院には行きませんでした。傷めて1週間ほどで平地は普通に歩けるようになった後も下りの階段だけは強い痛みがあり、手すりに体重を預けないと先に進めない状態が続きました。

その頃通っていた飲食店の店員に話すと、柔道選手はそうなった時に鉄下駄を履いて膝を下から引っ張る様な負荷をかけて治すと教えられました。もちろん、街中で鉄下駄を履いて歩くわけにはいかないので、代替品を探しました。靴の中敷に鉛を含んだゴムを使用した製品がありました。それを購入して、散歩の時に履くと歩くほどに楽になる感じがしました。それで職場と通勤以外の外出には必ずその中敷を入れた靴を履き、歩き続けると1週間で階段を下りる時に感じていた痛みが無くなりました。それに気を良くして中敷のない靴で週末ジョギングすると、残念ながらまた痛みが再発しました。その痛みに懲りて重い中敷を入れた靴で次の週末からジョギングコースの3倍の距離を散歩しました。それを何週か繰り返すと痩せてきて、また走りたくなってきました。ですがジョギングの着地は意外に厳しく3キロメートルほどのコースの半ばで痛みが再発しました。再度、あきらめて重い中敷を入れた靴での散歩を半年ほど続けました。

そうしている間に膝関節には軽い違和感さえ無くなり、重い中敷を入れた靴を履くのも億劫になり走る必要もないので散歩も暇な時に歩くだけになりました。その後でリレーマラソンに参加する機会を得て、また練習すると膝関節の痛みは再発しました。今度は膝の痛みに効くサプリメントを飲みつつ、重い中敷を入れた靴を履いた散歩をして痛みなく走れる様になり完走しました。