調剤薬局とは病院から処方箋をもらって実際にそのお薬を処方箋通りに調剤してくれるお薬屋さんです。
今ではあちこちに目にするお薬屋さんですが、無造作に連立しているわけではなくある一定の法則があります。
知っている人も多いと思いますがクリニックや病院の側には必ず調剤薬局と呼ばれるお薬屋さんがあります。

ちなみに、友人の娘さんが幼いころ町の調剤薬局と呼ばれる薬屋さんで
シールをもらったり指人形をもらたりと、とても優しくしてもらった事がきっかけで薬剤師を目指すようになったそうです。
今では薬剤師として頑張っているとききました。初めての調剤薬局での仕事は緊張したそうですが、アットホームでとてもいい環境とも言っていましたよ。
⇒⇒薬剤師求人未経験
友人の娘さんの仕事をしている姿を見てみたいです。
特に店頭で取り扱い医療機関などの名前を挙げているお薬屋さんもありますが、その意味は取扱い医療機関で処方されているお薬を常時在庫していますという意志表示です。
ですから例えば遠くにあるクリニックの処方箋をかかりつけのお薬屋さんへ持込むと同じお薬の在庫が無いので仕入れまでに時間がかかりますと言われる事があります。
至急でお薬が必要な場合で突然かかった医療機関が自宅より離れている場合にはその医療機関の近くのお薬屋さんでお薬を頂く事が一番簡単です。

また、何気なく提示しているお薬手帳の事を知っている人はあまりいないように感じますが、手帳は無料ですが実際には記録料としてお金を支払っているんです。
2016年4月からは手帳の持参を忘れて再発行する場合にはお金を支払う事になります。
お薬代の中には色々な項目が書かれているのですが、実際に細かい所までチェックしている人は少ないでしょう。
手帳は、健保の恩恵で1割負担の場合には10円、3割負担では40円が支払い金額に上乗せされてくるので次回の明細書に載っている内容をチェックする事でなるほどと思うはずです。

その他にも錠剤を割って処方する場合に費用がかります。
やたらに処方に時間がかかっている事にイラっとする人はいても、なぜ時間が長くかかるのか知らない人も多いのではないでしょうか。
調剤室で薬を半分に割っているのに時間を要するわけですが、機械で半分に割るにしても錠剤自体が柔らかいときちんと処方箋通り半分にする事が難しい場合があるのです。
もちろんこちらの工程にもお金がかかっていますので、半分にする事を避ける為に一日半錠を二日で一錠にする事で費用の回避が図れます。
また、時間がかかり過ぎて嫌な場合には半錠ではなく粉砕として処方を医師に書き直してもらっても大丈夫です。
費用は同じでも処方が終わるまでの時間が短縮できます。